top of page

屋上ウレタン塗膜防水工事

こんにちは!


今回は、屋上でウレタン塗膜防水工事を行いましたのでご紹介していきます。

強い雨が降ると室内に漏水が確認されるとの事でウレタン防水以外にも手摺根元に

グラウト注入を施しました。

写真を交えながらやっていきましょう!



施工前です。既存は密着工法でしたが、脱気筒の設置が無かったため

ご提案させていただき実装する方向でまとまりました。



使用材料はサラセーヌEZ(環境対応型)で施工しています。



2層目塗布後です。綺麗に塗布できました。

居住者様は普段いらっしゃらないとのことでしたが、鉄馬でアンチを設置固定して移動動線を確保しました。



トップコート塗布完了です。

非常に綺麗に仕上がりました。

同系色で見えづらいのですが、アクリル屋根の下には長尺シート施工を施しました。

居住者様にも喜んでいただけました。



漏水の原因が不明確だったためオーナー様、管理会社様、居住者様に不安が残らないよう手摺根元にグラウト注入を施しました。(外壁工事は今回除外)

グラウト注入とは空隙・隙間・目地・ひび割れなどに無収縮モルタルを充填し補強・補修する工事のことです。防水性能もあります。(用途ごとに材料が変わります)

3㎝ほど高さを設けてインパクトで穿孔していきます。切りくずは放っておくと雨で錆付いてしまうので必ず清掃をしましょう。材料充填です。先が細いボトルがやりやすいです。

手摺中のヒビ等が埋まるよう溢れるまで充填を行います。(養生必須)


これで工事完了です。

幸いにも雨が降っても【漏水している】とお電話はありませんでした。

漏水が止まり弊社としても一安心です。


株式会社東京防水ではお客様の不安を安心にするべく日々奮闘しております。

お悩み、ご相談、お問い合わせお待ちしております。

Comments


bottom of page