top of page

ウレタン塗膜防水改修用ドレン取付け

こんにちは!


本日は防水工事でよく聞く改修用ドレン取付けに関して写真を交えながら詳しくご紹介します。


HP、お電話でお問い合わせも多く実際、改修用ドレンのみ施工も多数いただきました。


お困りの方が当ホームページをご覧になって少しでも解決できることが出来ましたら

弊社も嬉しい限りです。


それではやっていきましょう!


改修ドレンの型

縦型 横型


改修ドレンの種類

ウレタン塗膜防水→鉛製、銅製、(鉛製はメーカーによって砂付きがあります)

塩ビシート防水→塩ビ製

用途、施工形状を確認して最適なものを選定します。

施工例としてウレタン塗膜防水の改修用ドレン取り付けをご紹介します。



写真1

施工前 鋳物のドレンは撤去またはサンダー等で平滑にします。



写真2

プライマー塗布後、型合わせを行います。ドレンのπ数に合っているか確認します。

蛇腹はできるだけ未加工とします。



写真3

クイックシールでドレンに裏打ちし躯体とドレンを密着させます。



写真4

ゴムハンマーで叩いて馴染ませます。



写真5

ドレン端部には補強布を施し強度を持たせます。



写真6

取付け完了です。


ドレンは防水層の中でも一番破断しやすく劣化が進む箇所です。


部分的な工事でも株式会社東京防水では精一杯作業させていただきます。

お気軽にお問い合わせください。

Comments


bottom of page