top of page

既存防水層撤去

こんにちは!


今回はバルコニー内のウレタン防水がグズグズに浮いていた現場での撤去作業を

お届けします。

防水は【下地が大切】ですので撤去し新規防水層を形成していきます。



既存はウレタン防水の通気緩衝工法で仕上げてありましたが、亀裂があり雨水も確認できました。また下地にもかなりの膨れがあった為、下地撤去も部分的に行いました。



既存防水層撤去完了です。

ここからさらにシートの粘着層、凹凸、不具合部をカッター、スクレイパー等を用いて撤去していきます。



新しく防水層を形成する為、相性の良い樹脂モルタル(カチオンワン)でしごきました。

乾燥後ケレン清掃しプライマーの工程に入っていきます。

雨が続く前に早く仕上げてしまいましょう。


短いご紹介となりましたが、いかがだったでしょうか。

施工にあたっているのは弊社社員の山長です。


台風シーズンは過ぎましたが

【バルコニーの床が膨れている】

【水の侵入が確認できる】

【歩いてみるとフカフカしている】

などお気づきになった際は、是非、株式会社東京防水にご相談ください。

すぐにお伺いいたします!!

Comments


bottom of page